日本ジャーナリスト専門学校 | 映画「行旅死亡人」公式サイト | JJC漫画研究会 | 管理者ページ

スポンサーサイト

  • 2011.08.12 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    ↑よかったらポチッとしてください。更新の励みになります。

    台北當代藝術館「大玩.特玩−遊戲美學」展に行ってきた。

    台北に来ています。
    今日は台北の台北當代藝術館へ行ってきました。前回の訪台は漫画博覧会に毎日通ってほかの観光をほとんどしてなかったので、久しぶりです。

    台北當代藝術館

    ちょうど「大玩.特玩−遊戲美學」展という「Diablo」や「Warcraft」といったPCゲームを手掛けるアメリカのBlizzard Entertainment のゲームをアートとして展示する。コンセプト画やイメージボードと実際のゲームキャラクター、造形などを展示イベントが開催中。

    「大玩.特玩−遊戲美學」展

    会場もおしゃれに演出されていた。
    続きを読む >>
    0
      ↑よかったらポチッとしてください。更新の励みになります。

      謎のカウントダウン

      最近、SONYのホームページに謎のカウントダウンが、もしかして地球滅亡?宇宙人の襲来?それともブルーレイが安くなるとか?
       まあ、プレステのページだし、あるゲームの発売という噂がもっぱらだけど。あの音が聞こえてくる、怖いいいいいいいいいいいいい!!
      JUGEMテーマ:ゲーム


      0
        ↑よかったらポチッとしてください。更新の励みになります。

        PCゲーム雑誌「LOGiN(ログイン)」休刊




        老舗PCゲーム雑誌「LOGiN」がとうとう休刊。
        14年くらい前に連載していた「愛のモザイク劇場」のマッキー佐藤さんは、実はうちの卒業生だったんですって、知ってる人いるかな?

        ■関連サイト:WebLOGiN
        JUGEMテーマ:ゲーム


        0
          ↑よかったらポチッとしてください。更新の励みになります。

          携帯でマンガ、DSでもマンガ

           ニンテンドーDS向けの動画コンテンツ事業を手がけるam3は、新たなコンテンツ事業「DSvision」を開始すると発表した。2008年3月6日に専用サイトをオープン、サイト上でコミックや書籍、動画、音楽などのデータをSDカードにダウンロードし、それをニンテンドーDSで視聴できる。サービス開始時点で300タイトルをそろえ、目標はサービス開始から1年で1000タイトル、2010年には1万タイトルを目指すという。
           DSvisionは「最強」「最小」「最大」のコンテンツプラットフォームとして、ニンテンドーDSを使用する。ベネッセコーポレーションもウェブとDSを使った学習サービスを開始する。DSは国内ですでに2000万台を出荷し、あるアナリストグループの報告によると2011年には日本における世帯普及率が89%に達するという。
           出版業界としては危惧すべき傾向かもしれないが、大日本印刷がam3の筆頭株主となり、DSvisionも合同で進めているそう。はたしてメディアはさらにデジタル化していくのか、とはいえ紙媒体がなくなるのはまずありえないかな。DSも携帯電話もただの便利なツールで、出版とは別物だとおもう。それよりもWiiFitも大ヒットが予想される任天堂はやっぱりすごいな。
          DSvision
          JUGEMテーマ:ゲーム


          0
            ↑よかったらポチッとしてください。更新の励みになります。

            ソニーが9月に新型PSPを発売

            PSPもいよいよLiteが発売か…。
            これでDSに開けられた溝を埋めることができるだろうか…。
            世界規格ということでは難しいのかもしれないが、テレビジョンワンセグチューナーは別売りじゃなくて内臓するとか…。カメラカメラと地球GPSとマイクも標準搭載して、外付けキーボードもついでに発売して…。さらに電話電話もかけられるようにするとか、おまけに財布お財布ケータイ機能、そしたらちょっとは変わるかもね…。
            0
              ↑よかったらポチッとしてください。更新の励みになります。

              ただ春の世の夢のごとし

               ゲーム雑誌エンターブレインは18日、昨年11月に発売したソニー・コンピュータエンタテインメントの新型ゲーム機「プレイステーション3」の国内での累計販売台数が発売から8カ月の7月15日までに101万492台に達したとの調査結果を発表しました。
               ちなみにプレイステーション2のときは、発売から3日で販売台数が98万台だったらしいです。値段やもともとの生産台数がちがうとはいえ、予想を下回る売り上げに苦戦しているようです。発売当初は生産が追いつかず、ネットオークションで高値で取引されていたんですけどねえ。
               そういえばPS3より少し遅れて発売の任天堂の「Wii」は8日までに累計で約291万台を販売したそうです。Wiiは家族など複数人で遊ぶことを考えればプレイヤー人口はもっと差がついてるんじゃないでしょうか。
               WiiやDSが好調のかつての王者任天堂。勝因はやっぱり一般の人向けの市場を開拓したことでしょう。PS2は手ごろなDVDプレイヤーとしての需要もあったわけですが、PS3はゲーマー用のゲーム機というイメージがあります。
               いっそドリキャスくらい突っ走ったほうがいいんじゃないですか。
              0
                ↑よかったらポチッとしてください。更新の励みになります。
                calendar
                      1
                2345678
                9101112131415
                16171819202122
                23242526272829
                30      
                << April 2017 >>

                search this site.
                漫画の新聞
                きざしランキング
                検索結果順位
                counter since'08/12/03
                ブログパーツUL5
                selected entries
                categories
                archives
                recent comment
                recent trackback
                profile
                links
                recommend
                recommend
                recommend
                recommend
                recommend
                L'INCAL アンカル (ShoPro Books)
                L'INCAL アンカル (ShoPro Books) (JUGEMレビュー »)
                メビウス(画),アレハンドロ・ホドロフスキー(作)
                recommend
                recommend
                recommend
                recommend
                天空のビバンドム
                天空のビバンドム (JUGEMレビュー »)
                ニコラ・ド・クレシー
                recommend
                recommend
                recommend
                recommend
                sponsored links
                others
                mobile
                qrcode
                powered
                無料ブログ作成サービス JUGEM
                free counters
                since '10/09/02